チロリン村とくるみの木
1956年4月14日から1964年4月3日までNHKテレビ(NHK総合テレビ)で放送(全812回)

「チロリン村とくるみの木」は、「ひょっこりひょうたん島」や「プリンプリン物語」など人形劇シリーズの原型になった。

作:恒松恭助、演出:姫田忠義、人形制作・操作:劇団やまいも(後の劇団ちろりん)

キャスト/黒柳徹子(ピーナッツのピー子)、里見京子(クルミのクル子)、横山道代(タマネギのトン平) 、桜京美(カッパのコン吉)、曽我町子(ツボミのリップちゃん)、一龍齋貞鳳(イタチのプー助)

物語はタマネギのトンペイやピーナッツのピー子など果物や野菜と、もぐらのモグモグ、ねずみのタコチューなどの小動物が暮らしているチロリン村で起こる珍騒動を楽しく描いた作品。



ピー子
クル子
トン平

NHKアーカイブス
http://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010061_00000

 


 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system