★ ナショナル キッド ★

1960年(昭和35年)から1961年(昭和36年)まで日本教育テレビ(NET)系で放送された。
スポンサーは松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)
ナショナルキッドのナショナルのロゴも当時の松下の商標(ナショナル)と同じ書体だった・・・

原作:貴瀬川実(第一部 - 第三部)、宮川一郎(第四部)、海野十三
脚本:谷井敬(第一部、第二部)、赤坂長義(第三部、第四部)
出演:旗竜作 / ナショナルキッド - 小嶋一郎(第1-2部)、巽秀太郎(第3-4部)
    小畑尚子 - 志村妙子(後の太地喜和子)
    永野英樹博士 - 斎藤紫香

地球を守るためにアンドロメダからやって来た正義の使者、ナショナルキッドは青年科学者、旗竜作に姿を変え、地球征服を目指す宇宙人や海底人、地底人などから地球の危機を救う!

旗竜作
小畑尚子
永野英樹博士

第1部「インカ族の来襲」-全13回

「地球人の無謀な核使用を止めさせるため」として、金星からインカ人が飛来、地球人を全滅させるために暗躍を始める。

 

第2部「海底魔王ネルコン」-全9回

海底から来た海底人シーラカンスが、海底魔王ネルコンの命令で地上攻撃を始める。

第3部「地底魔城」-全8回

地底人が地上侵略を開始。
旗にメッセージを伝えようとした海底人が次々に殺される。
旗青年は謎の円盤と相次ぐ地震、都民の行方不明事件の裏に地底人ありとにらむ。

第4部「謎の宇宙少年」-全9回

地底戦艦で三万光年彼方の遊星マゼランに逃れたヘルンシュタインは、マゼランの大統領に謁見し、「地球人類は全宇宙の害虫である」と煽動し、地球人を殲滅させようとする。

オープニングのナショナルキッドが 空を飛ぶシーンには、当時銀座4丁目
にあったナショナルの大きな広告塔が
映る!

制作は東映テレビ部門で初のSF特撮。当時のテレビ特撮のレベルを超えた1本あたり100万円の制作費をかけた本格的な特撮だった。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system