テレビドラマ「忍者部隊月光」は1964年1月3日から1966年10月2日、 全130話がフジテレビ系で19:00から田辺製薬の提供で放送された。

原作は竜の子プロダクション創始者、吉田竜夫の漫画「少年忍者部隊月光」(少年キング連載)で国際放映製作の特撮番組。

監督:土屋啓之助 吉野安雄 仲木睦 福原博 高橋繁男 山田健 石川義寛
制作:国際放映

キャスト
月光/水木襄 
月輪/石川竜二 
名月/山口暁 
月影/渚健二 
三日月/森槙子

正義と世界平和を目的に伊賀流・甲賀流忍者の流れを組む術者で編成される特殊チーム「忍者部隊」。
あけぼの機関の命を受け「忍者部隊」が忍術と近代諜報技術を駆使して悪の組織と戦う。

初期のオープニングでダムの向こうにいる 敵の警備兵を拳銃で撃った三日月に、隊長の月光が「バカ、撃つ奴があるか 拳銃は最後の武器だ 我々は忍者部隊だ」と一喝する場面 は有名である。

「科学忍者隊ガッチャマン」や「ワイルド7」の原型になった作品・・・

 
少年忍者部隊月光/週刊少年キング

漫画版の忍者部隊は、少年画報社の「週刊少年キング」に1963年の創刊号から1965年まで掲載された。
原作の漫画は陸軍中野学校で甲賀流及び伊賀流の忍法を会得した少年兵の軍団「少年忍者部隊月光」、時代設定も第2次世界大戦が舞台となっている。

inserted by FC2 system