ソニー号空飛ぶ冒険

ソニー ソニー ソニー S・O・N・Y ソニー

とってもかわいい 坊やだな
どこから来たのか 聞いたらば
ボクは空の子 朝日の子
光といっしょに 飛んできた
ソニー ソニー ソニー S・O・N・Y ソニー

とってもかわいい 坊やだな
どこから来たのか 聞いたらば
ボクは森の子 緑の子
匂いといっしょに 飛んできた
ソニー ソニー ソニー S・O・N・Y ソニー

とってもかわいい 坊やだな
どこから来たのか 聞いたらば
ボクは波の子 海辺の子
カモメといっしょに 飛んできた
ソニー ソニー ソニー S・O・N・Y ソニー

あの頃はソニー坊やっていたな〜
ナショナル坊やもいた!電器屋の店頭に置いてあった。


ソニー坊や


ナショナル坊や

このソニー坊やドラマとは関係ない、ソニーのマスコットキャラクター


子供の頃はソニーのヘリコプターだと思っていた(笑)
「ソニー号空飛ぶ冒険」原題はWhirlybirds、日本ではソニー1社がスポンサーだったためソニー号なんて勝手に付けちゃったんだよね・・・日本語の吹替えもソニー号だし、日本だけの主題歌もソニー号!!
子供ながら「S・O・N・Y ソニー」っていやでも覚えたよ・・・・

1957年製作のテレビドラマで1957年9月11日から1959年9月1日まで、KRT(今のTBS)系列で放送された。
内容は、ヘリコプターで空輸サービスをするパイロットチャックとP・Tが危険な任務で活躍する物語。(30分番組)
CAST: チャック・マーチン(ケネス・トビー)、 P・T・ムーア(クレイグ・ヒル)

南カリフォルニアにある小さな空輸サービス会社の二人のパイロットが主人公だった。
Bell-47ヘリコプターで現金輸送や負傷者救出、犯人護送などの危険な任務に活躍する。

当時のTVドラマではヘリを使ったスタントは珍しく、追跡の自動車の屋根すれすれに飛ぶシーンなど迫力があった・・・
機体にはN9758と表記されているだけだが、提供スポンサーがSONYということで日本で勝手にソニー号にしてしまった。

ナポレオン・ソロで有名になったロバート・ヴォーンもゲスト出演していた、この後ロバート・ヴォーンは1960年にあの「荒野の七人」に出演することになる。

主役のクレイグ・ヒルは「さすらいの一匹狼」、「情無用のならず者」、「西部の無頼人」、「地獄の幌馬車」など1966年からマカロニーウエスタンに出演。


ヘリコプターはベル47型
球状のガラスにむき出しのパイプ、視界が凄そうだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system