ブロンコ・シャイアン

シャイアンはワーナー・ブラザーズで製作されたテレビ西部劇だ。
1955年、「Warner Brothers Present」という番組(「Kings Row」、「Cheyenne」、「Casablanca」)の中の1つのシリーズとしてスタート、他の2つのシリーズと交互に放送された。

Kings Rowには、ナタリーウッドが出演していた。

アメリカでは当時、1つの番組の中にいくつかのシリーズが入っている番組をよくみかけた、例えばアニメの「珍犬ハックル」や「チュースケとチュータ」「クマゴロー」は「Huckleberry Hound Show」という番組の中のシリーズだった。

映画全盛期の時代に、ハリウッドの大手映画会社ワーナー・ブラザーズのスタジオでテレビドラマガ作られたのだから凄い・・・・・(ハリウッドのスタジオで製作された初めてのテレビドラマ)。

アメリカ先住民と白人との間に生まれたシャイアン・ボウディは、軍隊の偵察員として活動し、ネバダ州の副保安官でもあった。
西部の各地を巡り悪と戦う正義の男の物語だ。

主演/クリント・ウオーカー

日本では1960年5月2日から1961年5月1日まで、月曜日の19:00 から20:00の時間帯に「シャイアン」のみがKRT(現TBS)で放映された。

そして「シャイアン」に続いて1961年5月8日から放映されたのがタイ・ハーディン主演の「ブロンコ」であった。
1961年5月8日から1962年2月26日まで放映。

主演/タイ・ハーディン

南北戦争で父を失い、無法者に母を殺されて天涯孤独の元南軍大尉の若者ブロンコ・レーンが放浪の旅のなかで成長していく物語。

そして1962年3月5日から、番組名が「ブロンコ・シャイアン」となり、「シャイアン」と「ブロンコ」が隔週で1963年4月8日まで放映された。

シャイアンのクリント・ウォーカーは、このテレビドラマで西部劇の人気者になった。
ブラウン管に映る198cmの身長は迫力があった。

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system