あれ〜〜?Windows7であった、ガジェットがWindows10では・・・無いじゃん!!

デスクトップ上にアナログ時計を置きたい〜


いまさらだけど・・・・・・・

気が付くとWindows10になってから、デスクトップ上の時計ガジェットがなくなっていた。
時計だけじゃなく、ガジェット自体がなくなっていたのだ!

なんでもWindows8からガシェット機能がセキュリティの問題で廃止になったらしい、でもデスクトップ゚上に時計があったほうが何かと便利だよね。

何が何でもデスクトップに時計がほしいということで、Googleで検索してみたらガジェットタイプではないけど、シンプルなものからアニメをあしらったものまで、いろいろなデザインの時計アプリがヒットする!

中にはWindows7のガジェットをWindows10で起動させる方法もあったけど、セキュリティの問題で廃止になったのを危険を冒してまで・・というのもね〜〜

余談だけど、あのNHKの懐かしいレトロな時計、以前はサイトに表示することができていたのに数年前からサービスをやめたんだよね。

今回、スマホ版のアプリになって再登場していた・・・・・・

で パソコン版の時計だけど・・・・いろいろある中でおすすめなのがYTClock

 YTClock

YTClockは動作が軽くて程よい大きさで、どのアプリケーションよりも手前に表示される。
ここが重要!ほかのアプリケーションの下になって、見えなくなってしまっては意味がない・・・・・

もし、時計の下にあるアプリケーションのボタンなどを操作すときは、ポインターを時計の上に持っていくと時計の透明度が増してアプリケーションのボタンを押すことができる(時計は半透明なので下に何があるかわかるようになっている)。

 

時計の位置を移動したい場合は [Ctrl] キーを押しながらクリックし、ドラッグして時計の表示位置を移動することができる。
※時計の設定などのメニューは「Ctrl」キー+マウス右クリック。

時計の文字盤や針なども自分でカスタマイズして、名前をつけて保存できるので複数のオリジナル時計が作れるのも魅力の一つだ!

時計の設定を変更する場合は、「Ctrl」キーを押しながら右クリック →「カスタマイズ」を選択。
アプリケーションには、最初から12種類の時計が組み込まれているのでテーマ一覧(Default Theme、Bear、Digital、Glass Blue、Glass Mini、Glass Nano、Glass Pico、Glass、Metal Black、Metal White、Metal)のいずれかをクリックすると、時計のデザインを簡単に変更することができるよ。

このままではWindowsを再起動した場合、YTClockは表示されないのでアプリから起動させることになる。

Windows起動時からYTClockを表示させるには、、「Ctrl」キーを押しながら右クリック →「カスタマイズ」を選択し、「オプション」タブの「ログオン時に自動的にYTClockを起動する」にチェックを入れておくと、Windows 起動時に YTClock が自動で起動するのだ。

「Windowds」+ C キー(ホットキーの変更も可)でYTClockを最小化すると、タスクトレイに小さな時計を表示。
タスクトレイに最小化されたYTClockも針が動いている!!
( 「Ctrl」キーを押しながら、時計アイコンをダブルクリックしても最小化できる)
元のサイズに戻すには「Windowds」+ C キーまたは、タスクトレイの時計を右クリックして元のサイズを選択。

●YTClockのダウンロード先はhttp://yutaka.tsutano.com/projects/ytclock/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system